モハメド・アリの名言のタトゥー

ずいぶん前にウチで、バラとティンカーベルのタトゥーをいれたKさんに紹介されて、ボクサーのSさんがいらしてくださいました。

話を聞くと、たまたま行ったキャバクラでついてくれた嬢がKさんだったそうです。
てか、Kさんキャバ嬢だったの!? 確かに綺麗なお姉さんだったけど、おどろいたなぁ〜。
と意外な事実に一人で興奮する私を、ボクサーのSさんは冷ややかな目で見つめてくださいました。

お題はヒンディー語でモハメド・アリの名言だそうですが、全く書けも読めもしない文字は、
暗号とか絵に近いもので、間違えないかととても気を使いました。

モハメド・アリの名言のタトゥー

Sさんのタトゥーは今回で4つ目なのですが、通っているボクシングジムの会長がタトゥーに厳しい人だそうで、
バレない様に全てパンツに隠れる場所に入れているのです。
ボクシングをやめない限り、Sさんはこのまま尻と下腹部にタトゥーを入れ続けて、やがてパンツをはいていなくてもタトゥーで真っ黒になってしまうのでは!? と余計な心配をしてしまいます(笑)

2015年07月12日(日)21:41:28

千葉県船橋市前原西1-26

12:00~22:00
不定休
Tel : 080-3205-2999

e-mail : ta2[at]aosuke.net

Blog アーカイブ

banner_88x31   NITRO INJECTION