鳳凰と牡丹 ~広島天使編~

我がスタジオに天使(自称)が舞い降りました。
天使(自称)は流暢な広島弁でオーダーをくださりました。
トライバルの鳳凰で上半身はデザイン持ち込み、尾はアレンジでおまかせの和柄の牡丹とからませて、そして、彫り終わるまで絶対帰らない事を宣言なさいました。
超凡才の私としては一度持ち帰り、デザインを練り直したいところですが、それは全く許してもらえませんでした。

カウンセリングからラフデザイン、ペン入れ、そして転写紙作成とずるずると時間はながれ、4時間弱が経過しました。
その間天使はソファーに寝転び、スタジオ内を自由に行き来し、まるで我が家の様にくつろいでいらしゃいました。

彫り始めてからもなお天使は、友人に預けたはずの息子が軽く行方不明になり、出張中の旦那様と電話とメールを駆使し喧嘩をなさい、駐車場の閉場時間がせまり彫りを中断するなど、次々とトラブルを起こしていきました。

そして、滞在時間約10時間にして出来た作品がこちらです。

DSCN03321

で、これでは脚が太く見えるので、撮り直せとの下知をいただき、撮ったセクシーショットがこちらです↓

DSCN03331

なんとか終わらせる事ができました。痛みに耐えてよくがんばった! 俺。

2013年07月26日(金)23:01:48

千葉県船橋市前原西1-26

(13:00~23:00) 不定休

Tel : 080-3205-2999

e-mail : ta2[at]aosuke.net

Blog アーカイブ

banner_88x31   NITRO INJECTION